初めは一重だったのに、右目だけ二重に

私は小さいろからずっと一重でした。一重は二重より瞼が重く見えるので、よく「眠そう」「だるそう」と言われていました。

私は運動部の部長だったのですが、真剣にやっているのに「めんどくさそうにするな!」とコーチに叱られるのが嫌でたまりませんでした。

(これは私の表情や態度にも原因があるかもしれませんが・・・)ぱっちりとした二重の同級生が羨ましかったです。

そんな私も、時折二重になることがありました。体調が悪い時です。風邪のひきはじめや寝不足の時はいつも目が二重になります。

いつもより目が開いているように見えるので、原因を知らない人からはしゃきっとしてると言われましたが、自分では二重になった日は意識して休息をとるようにしていました。

これは一重の便利なところかもしれません。

私の目が左右で一重と二重に分かれてしまったのは大学に進学してからです。

ある日右目が二重になっていることに気が付きました。

いつもの如く体調不良の前触れかな、と思っていたのですが、1年たってもいっこうに治りません。

二重のわずかな違和感が今でもつきまといます。

四六時中気になるものではないので、せめて両目とも二重になってくれればよかったのですが・・・。

鏡を見るたびに左右のバランスが違って見えて落ち込みます。