二重は昔からそして今も永遠の憧れです


私は生まれた時から一重です。両親は二人とも二重なのでいつか二重になるかもと期待していましたがいまでもやはり一重です。

 

若いころは顔もぽっちゃりしていたので余計に肉が邪魔をして目が細く見えていたような気がします。

 

それが嫌で専門学校時代にしばらくアイプチをしていました。

 

もっとかわいくなりたいという思いからでしたが、毎日アイプチするのは本当に大変でした。時々うまく出来ないときもあり、イライラしたりしていました。

 

それでも一重の自分はもう見せられず必死で二重にしていましたが、ある時から肌に合わなくなり、目の上が赤く腫れてしまうようになりました。

 

とても痛々しい感じだったと思います。両親からよくないからやめたほうがいいと言われ、なくなくアイプチをやめたら友人からそっちの方が自然で全然いいよと言われました。

 

きっと友人は不自然だと思ってっても言えなかったのかなとその時感じました。

 

今でもその時の自分の写真をみると自分じゃないみたいで嫌です。

 

 一重で一番嫌なのは、アイシャドーを入れても綺麗にいかないところです。二重であれば影のようになるところがそのままなので目の上に色が乗っかっているような変な出来上がりになってしまうことがあるのであまり派手なアイシャドーはできずいつも地味目の色を使っています。

 

顔ものっぺらとして見えるので、二重だったら目がはっきりしてかわいく見えるのにと今でも思っているので二重は今でも私の憧れです。

 

最近アイプチの進化版とも言われる

 

クセ付け二重美容液の二重記念美とうい画期的な二重矯正アイテムが出ているみたいなので一度試してみます。

 

 

 


コメントを残す