目が大きいのに一重まぶたで損してます。


一重の悩みといえば、やはり目つきの悪さです。

 

まだ自分がアイプチなどを使いこなせなかった頃は第一印象が怖い人というのがお決まりでした。

 

目は幸い小さくはなく、大きいほうなのにも関わらず目付きが悪かったのです。

 

しかも私の場合、特に若い頃は目頭から黒目のあたりまでうっすら奥二重の線が入り(ただし、たたまれていない。あくまでも線でしかない。)黒目から目じりは線すらなく、トータルで見ると一重まぶただったため、目の形が三角っぽくなっていたのです。

 

結果、いつでも機嫌が悪そうな印象を与えていました。

 

なので、アイプチが使いこなせるようになってからは、アイプチが手放せなかったのです。

 

また、一重まぶたはビジュアル面だけの悩みだけだはありませんでした。

 

私は一重まぶたの癖に無駄にまつげが長くたびたびまつげの一部が目に入り込んでゴロゴロするんです。

 

気になって目をこすると白眼が腫れてしまったりするのも悩みの一つでした。

 

私は、こんな自分の目がコンプレックスで、長い事アイプチに頼っていました。

 

そのうち二重の癖がついてくるなんて、声に期待していた事もありましたが思い通りの結果になることはなく、二重になりそうな線の上にまた、うっすら線が出来てしまいました。

 

すると、頼りのアイプチがすぐに剥がれてしまうようになったんです。

 

新たにできた線のお陰で三角の目ではなく、かなり調子のいい時はちょっとだけ平行二重っぽくなりますが、所詮は線です。

 

くりっとした可愛らしい目にはならないんです。

 

しかも私は瞼の脂肪が少なめです。

 

そんなところに線が出来てもこれ以上はくっきりしない雰囲気なのです。

 

ぱっちりとしてて、くりっとした印象の二重まぶたは正直憧れますが、もうアラフォーだし無理かなと最近は諦めてます。

 

この歳でわざわざメスを入れるのも怖いですし、来世こそは憧れの二重まぶたを目指したいと思います。


コメントを残す