アイメイクのバリエーションが少ないこと


目が一重の悩みについてですが、あげたらきりがありませんが、アイメイクが制限されてしまうのと、アイメイクがうまくできないことです。

 

 

大人になってから、自然と二重になる場合もあるようですが、私の場合、遺伝ですので、仕方ないかな、とあきらめています。

 

 

小学生のころから、からかわれていました。

 

 

一重のせいか、目そのものが、細く見えるみたいなんですよね。

 

 

そして、中学、高校と、テレビでアイドルなどをみるたびに、ぱっちり二重っていいなあ、と常々思っていました。

 

 

そして、高校を卒業し、メイクデビューをしました。

 

 

この頃から、本格的に、目が一重なことを悩むようになりました。

 

 

アイシャドウというものに、初チャレンジしましたが、かわいらしい春色ピンクなどは、目がはれぼったく見えてしまうので、できませんでした。

 

 

ですので、いつも、ブルーやグリーンのアイシャドウをしていました。かわいらしい、ピンクのアイシャドウは憧れでした。

 

 

それから、アイラインをひいても、上まぶたで隠れてしまいます。

 

 

一重の人は、太目にアイラインを書きましょう、などとアドバイスがありましたが、太くすると、目をつぶったときに、下のまぶたにうつってしまい、パンダのようになってしまうんです。

 

 

同じような理由で、マスカラもできません。

 

 

外出中に、パンダ目になってしまうからです。


コメントを残す